都市公園のアスレチック型の遊具としては日本最大級の規模です。
子どもたちに人気のアスレチック遊具を各所に配置し、総延長566mの高床式空中連続デッキは様々の高さから緑と触れ合え、地上の野生動物の往来を妨げないように、又海風から緑を守る砦となるように設計されています。
車椅子やベビーカーも一緒にまわれて満喫できるバリアフリー設計だから、家族そろって一日中遊べます。

ハヤブサスライダー

長さ約60m、落差約16mをカーブを描きながら爽快に滑るスライダー。
子供はもちろん大人も楽しめます。

幼児用遊具

保護者用のベンチも備わり、幼児が安心して遊べる遊具です。

コンセプト【光のトンネル・大宇宙】
森から風に乗り光と希望と夢を求めて蝶が踊る。
大宇宙、世界が輝き太陽の光が燦燦とふりそそぐ、大地へ舞い降りた。月明かり、大地に星々がいっぱい輝き森は深い眠りに入る。
全長100m、コンクリートカラー塗装、陶板モザイク、ステンドグラス。
造形作家:天津 恵(あまつけい)島根県在住

六角展望デッキ

3方向から登れる展望デッキ。
階段を使って登ったら、おりる時はロープを使ったりと、いろんなパターンを楽しめます。

大きな木の下のコンビ

3種類の滑り台、OXパネルや平均台などさまざまな遊具があり、想像力を働かせながら遊べます。